適応症
次の疾患ではWHO(世界保健機構)で

鍼灸治療の有効性が認められています。
【神経系疾患】
神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】
関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善





頭目肩頚 心の疲れ

内臓失調 腰膝疼痛

婦人科系 皮膚疾患

お気軽にご相談下さい!
華梨堂ではこんな治療も得意です

妊娠中は体が一番デリケートな時期。そんな妊娠中の様々なトラブルでも、鍼灸治療なら自然で安心できる治療が受けられます。

「骨盤位」とも言います。鍼灸による治療の歴史は長く、薬を飲んで治るという症状でもないので昔から重宝されています。

適応時期は概ね妊娠28週〜32週までとされていますが経験上35週位に治る人もいました。しかし早い周数のほうが治りやすいのは確かです。

治療は右スライドのように足の小指に糸状のお灸(糸状灸)を何回か施灸します。また鍼による軽い刺激で全身調整も行います。


「陣痛促進」とは鍼をすることで自然に陣痛を起させる事を目的とした治療です。産科医院などでは42週前後や、赤ちゃんの体重によっては早い段階で陣痛促進剤や帝王切開も視野に入れた準備を始めます。ですが「自然分娩で生みたい」と希望されるお母様は、一度治療してみてはいかがでしょうか。

治療は主に手足への軽いツボ刺激と耳ツボ療法の併用、心地良いお灸にて行います。決してお腹に鍼をしたりしないのでご安心下さい。


つわりの多くは妊娠初期3ヶ月くらいまでですが、まれに長引く方もいるようです。治療は妊娠初期ということを考慮して皮膚に当てる程度の鍼刺激、もしくは突起状のローラーで皮膚刺激を行うやさしい治療で行います。

はりきゅうをすることで妊娠中のお母さんの体調を健やかにし、臨月までの心身のサポートを致します。古来より東洋医学の世界では妊娠期にお灸などを用いた「安産の灸」というものがあります。当院ではこれをアレンジした熱くないようなお灸、鍼もやさしい刺激で行います。治療開始は安定期に入る妊娠5ヶ月以降が目安です。


妊娠中は薬の制限がありますので、些細な症状や妊娠で必然的に起きるつらい症状を我慢して過ごしているお母さんが多いようです。

よくある症状として肩こり、腰痛、むくみ、便秘、腱鞘炎、肌荒れ、不眠など多岐にわたります。しかしこのような症状はちょっとした手当てで改善しますので、我慢せずにぜひお問い合わせ下さい。



不妊の原因は女性だけではありません。実は統計で女性のみの原因は41%で、男性のみが24%、男女両方に原因があるケースが24%と半数近くは男性にも原因があるということです。当院では女性の不妊治療だけでなく男性の不妊治療も対応できますのでご相談下さい。

お子様の治療には刺さない鍼を使います。
治療には右の写真のような「ローラー鍼」という、コロコロ転がす刺激で治療します。またご家庭で簡単に出来るツボ療法も指導いたします。

概ね生後2−3ヶ月から1歳半位までによく見られます。原因もはっきりしないこともある為に対策に苦慮されるお母さんも多いかと思います。このような症状に小児鍼はよく効きますし、生後2-3ヶ月でも問題ありません。

「疳の虫」は5歳未満の乳幼児に多く見られます。原因の一つに体質的に胃腸が弱いお子さんや、飲食の不摂生など慢性栄養障害が挙げられますが小児鍼は疳の虫の治療に非常に有効です。疳の虫が思い当たるお母さんは、お子様のお腹が張っていたり慢性の下痢症状が無いか確認してみましょう。

小児喘息は春と秋の季節の変わり目に発作を起す事が多く、原因も体質や遺伝など内的要因と誘発因子である外的要因があります。鍼灸治療は特攻穴と呼ばれる喘息によく効くツボを使いながら治療します。また当院ではお子様の夏休み期間に「冬病夏治」という集中治療で喘息根治コースを開催します。

いわゆるおねしょのことですが、小学生に上がる前でしたらそれほど気にしなくても良いかと思います。ですが学童期に頻繁に見られるようでしたら、夜尿自体が体に害が無くても心的ストレスになり易いので、一度治療を試してみてはいかがでしょうか。

体力が無い、風邪を引きやすいなど病院で治療するまでも無いけど、どうも元気が無いように感じる。そんな時にも東洋医学はお手伝いできます。

鍼灸院で交通事故のケガ(むち打ち、捻挫等)の保険治療をできることはご存知でしょうか?

交通事故による治療は生命保険又は自賠責保険で支払われますので、治療費の負担がありません。また慰謝料は通院日数によって変わります。

交通事故の場合、事故当日に症状が無くても後日痛みが出る場合がよくありますので、無症状でも安心しないで適切な処置を取ることをお勧めします。

交通事故治療の詳細ページ
交通事故


逆子の灸 逆子の灸 逆子の灸 逆子の灸 逆子の灸 逆子の灸 逆子の灸 逆子の灸 逆子の灸


婦人科名医張老師より


妊婦さんに鍼治療




ローラー鍼


喘息治療


冬病夏治
      鍼灸発表論文New!
陣痛促進論文
陣痛促進論文