交通事故治療
身体と心の手厚いケアと安心の法律サポート。
華梨堂では安全でやさしい治療をモットーに、早期回復へ向けて全力で治療に当たります。むちうちと言うと軽症に思いがちですが、実際は神経症状や不定愁訴が長期化することもよくあります。ですから安易に放置せず、病院できちんと診てもらいましょう。

■交通事故では様々な症状が表れます。

・むちうち
(頚椎捻挫型、根症状型、バレ・リュー症状型、脳脊髄液減少症)
・腰痛
・打撲、骨折、脱臼
・PTSD(心的外傷後ストレス障害)

■法律サポートも可能です。

交通事故で納得のいく補償を受けるにあたり、時には専門的な知識が必要な場合もあります。華梨堂では無料で相談できる専門家をご案内できますので、このような時は専門家に相談することで不安が解決し、安心して治療に専念することが出来ます。
お気軽にご相談下さい!


お気軽にご相談下さい!
交通事故にあったときは
けが人の確認と安全確保 警察に届け出 病院を受診 保険会社へ連絡




まずは落ち着いてケガ人がいないか確認です。けが人がいた場合、程度によっては救急車を手配します。車の移動が可能であれば路肩などへ寄せて、周囲へは事故の発生をハザードなどで知らせれるといいでしょう。
道路交通法上では軽微な事故でも報告義務がありますので、当事者同士で片付けてしまうことは違反になりますが、それ以上に大事なことは、警察に届け出て交通事故証明書を発行してもらわないと保険会社への請求ができません。事故直後は興奮状態の為に身体の異変に気付きにくいので、事故2〜3日後に不調を訴える人が非常に多いのです。ですから後日不調をきたしても対処できるよう、届出は必ず行いましょう。
上記のように事故直後は身体の異変に気付かないことがよくあります。何日か経ってから頸部の痛みや頭重、肩や腕の痺れ、めまい感や不眠などが現れる事も珍しくありませんので、病院の診察は必ず行いましょう。それから検査の診断書は治療などの際に必要になりますので、必ずコピーを取っておくとあとで役立ちます。
交通事故の治療は保険会社を通すことで全額負担無しで受けることができます。検診後、相手方の自賠責保険会社の担当者へケガの状況を伝え、「治療をかりんどうで行いたい」を申し出ます。了承が取れましたら、その後の手続きなどはこちらで行いますので安心して治療に専念できます。
鍼灸の治療を受けるまでの流れ
1
↓

2
↓

3

↓

4

※この時に担当者様によっては「鍼灸は認められない」と言う方がいますが、そのようなことはありません。国家資格である「はり・きゅう」の治療は自賠責保険での治療が国で認められています。また、被害を受けた患者様には医療機関を選択する権利がありますので、自身の希望する治療院で治療することが出来ます。担当の方へは自身の希望をはっきりお伝え頂くことが大事ですが、もし断られた場合は一度当院にご相談ください。
 国土交通省及び金融庁による告示とパブリックコメント
治療内容とながれ
●
●
●
●
交通事故Q&A
「こんなときはどうするの?」
医師及び損害保険会社の皆様へ
自賠責保険の補償内容
提携先の法律サポート
●
●
交通事故の参考になるリンク