ぽじれんエクササイズ


先日、AEAJ(日本アロマ環境協会)のオンラインアロマ大学を受講しました。

私が受講したのは、ストレスケア学科、ローズ学科。(時間で学科が変わります)

ストレスケア学科は千葉大学大学院医学研究院 大島郁葉先生のお話でした。

以前も認知行動療法の効果について聞いたことがありましたが、

具体的にどうゆうものなのかを改めて学びました。

認知行動療法は→

ある出来事、状況において、不安やうつのような強い感情を引き起こす考え方や行動の偏りによる悪循環のパターンを見つけて、心の良いバランスを取り戻すために話をするセラピー。

通常はマンツーマンで16回程度行われるそうです。やったことはないですが、短い期間でできる効果的なカウンセリングという印象でした。

認知行動療法は、うつ病には薬物療法と同等の治療効果、

不安症、強迫症などには薬物療法と同等かそれ以上の治療効果があるそうです。

 

うつ病や不安症など心の病気がなくても、ある物事を考えてぐるぐる思考が回ってしまう時や、一つのことばかり考えて悩んでしまう時があると思います。

そんなときは、「ぽじれん」「ここれん」を講義の最後におすすめされていました。

ぽじれんエクササイズ

大きな良いことではなく、小さな良いことに目を向けて見る練習をしてみましょう。

1日(あるいはこの1週間)を振り返ってみて、

 

①できたこと

②たのしかったこと

③感謝すること

を書き出してみる。

私の回答は①にはいつもより早起きができて自分の時間ができた

②好きな友達と久しぶりに少しだけ話をすることができてたのしかった

③アロマの先生に借りた栄養学の本がすごくためになって感謝!

と書きました。

 

他にも受講されていた方はこの講座を受講できたとか、家族で一緒にご飯を食べたとか、本当にいつも過ごしていると気づかない小さな良いことを皆さん書いていらっしゃって、そうか、そういうこともできて当たり前ではないんだと気づかされました!

たいそうなできごとに幸せを求めがちだけど、そんな小さなことでも幸せでそれで大丈夫なんだと。

えっ何か良いことなんてあったかな!?と考え込んだ私はフッと力が抜けた気がしました。

 

どうしても良いことが思いつかなくても何か1つでも良いから絞り出して、それを積み重ねていけば、

ポジティブに考えたり、自分を褒めてあげられる、日々を生きていく力になってくれるのではないかと思いました!